味噌

2017年03月17日

日本全国のご当地スーパーを巡って厳選!独特だけどおいしい「ご当地味噌」6選

味噌は、関西の白味噌、中部の赤味噌、九州の麦味噌など、地域性が色濃く反映される食べ物。そのため、全国のおいしい味噌が気になりますよね。
そこで今回は『地元スーパーのおいしいもの、旅をしながら見つけてきました。47都道府県!』の著者・森井ユカさんから、日本各地のスーパーで見つけたご当地味噌を教えていただきました!
どれも、その地域ならではのユニークなものばかり。もし知り合いのコネで入手できそうなら、頼んでみてください。

1:「青唐辛子味噌」(栃木県)

「青唐辛子味噌」(栃木県)スーパーダイユー

栃木県を中心に店舗を展開している「スーパーダイユー」の定番人気「青唐辛子味噌」。「さわやかな辛さがクセになりますね。魚や肉、野菜など何でも合う万能調味料です」(森井さん)。

スーパーダイユーhttp://daiyu-super.jp/

2:「秘伝田楽みそ」(群馬県)

「秘伝田楽みそ」(群馬県)こんにゃくパーク

こんにゃくの無料試食ができる「こんにゃくパーク」の開設に合わせて作られたという味噌。ゴマがたくさん入っている、甘い味付けの味噌です。こんにゃくだけでなく、焼きなすやもち、おでんなど様々な料理にぴったりです。

こんにゃくパークhttp://konnyaku-park.com/

3:「鮒味噌」(愛知県)

「鮒味噌」(愛知県)

愛知県・津島の郷土料理「鮒味噌」。鮒と赤味噌、ザラメ、そして津島の大豆「めぐろ豆」を柔らかくなるまで長時間煮込みます。
「フナにも豆にもしっかりと赤味噌の味が染みこんでいます」(森井さん)。ご飯のお供にぴったりだそうです。

4:「金山寺味噌」(和歌山県)

「金山寺味噌」(和歌山県)

「金山寺味噌」(和歌山県)

「納豆に近いと感じるくらい、大豆の粒が大きく香りが高い金山寺味噌。塩分も控えめです。初めてマイベストといえる金山寺味噌に出会いました!」(森井さん)。野菜につけても美味しいですが、炊きたてご飯にのせて食べるのが至福。

5:「金山寺みそ」(鳥取県)

「金山寺みそ」(鳥取県)ヒシクラ

「倉吉のヒシクラさんの『金山寺みそ』はさらりとしたタイプ。ごろっとした瓜が入っていて食感がアクセントになっています」(森井さん)。やっぱり、炊きたてご飯に少しのせてどうぞ!

ヒシクラhttp://hishikura.net/

6:「はまな味噌」(福井県)

はまな味噌」(福井県)野村醤油

製造元である野村醤油のある大野市は山間にあり、良質な水が流れてくるため、美味しい醤油や味噌が作れるのだそう。「はまな味噌」はナス入りのもろみ味噌で、塩味が強くて濃厚な味わい。こちらも、ご飯が一択です!

野村醤油http://nomura-syouyu.jp/

ご飯が進みそうな味噌のオンパレードでしたね! いつもの味噌汁に飽きたら、これらの味噌で作ってみてはいかがでしょうか? 実際に足を運ぶ機会があったら、本場の味噌をぜひご試食を。また、旅に出掛けたら、森井さんのように地元スーパーに行くのも楽しいはず。旅先で、まだ見ぬ味噌に出合えるかもしれませんから!

✓こちらもチェック!:水戸納豆だけじゃない!地方のスーパーで売られている「絶品ご当地納豆」6選

参考書籍

森井ユカ著『地元スーパーのおいしいもの、旅をしながら見つけてきました。47都道府県!』定価:本体1,600円+税 ダイヤモンド社

森井ユカ著『地元スーパーのおいしいもの、旅をしながら見つけてきました。47都道府県!』定価:本体1,600円+税 ダイヤモンド社

オノハルコ

オノハルコ

オノハルコ ライフスタイル誌、グルメ誌を中心に活動中のエディター/ライター。株式会社晴レノ日スタヂオ所属。趣味は料理と食べ歩き。毎年、味噌を仕込んでいます。  http://harenohistudio.tumblr.com/

関連タグ

この協力者の他の記事を見る

このライターの詳細へ

最新記事

もっと見る

SERIES 連載

More

CATEGORIES カテゴリー