乳酸菌

2016年10月23日

【キムチ】発酵食品リスト

【キムチ(きむち)】発酵食品リスト:haccola 発酵ライフを楽しむ「ハッコラ」

和製キムチに注意!

日本でつくられているキムチは一夜漬けで本格的に発酵していないものが多い。「キムチ風味の漬け物」では栄養効果も劣る。原料に塩辛(アミ、イカ、小魚など)が使用されていて、本格的に発酵したものを選ぼう。

健康美容効果

・ダイエット:とうがらしに含まれるカプサイシンには、体内の脂肪の代謝を促進し、脂肪の燃焼を早めてくれる効果がある。
・美肌:カプサイシンには発汗作用があり、汗と一緒に体内の老廃物を排出してくれる。ニンニクも肌の新陳代謝を高める。
・冷え性や肩こり:血行を促進し、末梢神経を刺激して体を温めてくれる。肩こりにも効果的。
・大腸がんを予防:キムチは食物繊維のかたまり。腸内に停滞していた老廃物や酸化促進物質の排出を促すので、大腸がんの予防に効果的。さらにキムチの繊維素は腸内で乳酸菌を増やすことにも役立ち、腸内には体によい乳酸菌が増える。
・疲労回復:キムチの辛みが胃壁を刺激して、食欲を増進させる。さらに香辛料や塩辛の煮出し汁を使っているため薬効効果にも優れ、疲労を回復させる。

概要

・白菜などの野菜と塩、とうがらし、ニンニクなどを乳酸発酵させた朝鮮半島生まれの漬け物。いまや日本の漬け物の消費はキムチがトップ。

特徴

・野菜類のうま味、副材料である塩辛のうま味、とうがらしやニンニクなどの辛みと匂い、それらが乳酸菌による発酵でさらに美味しさを増す。
・酵母もキムチに欠かせない微生物。乳酸菌や酵母は、キムチを漬けている間にさまざまなタイプに変化し続ける。

代表的な産地

朝鮮半島

栄養成分

ナトリウム、カリウム、ビタミンA・B6、食物繊維

haccola編集部

haccola編集部

haccola編集部による記事をお届けします。

関連タグ

この協力者の他の記事を見る

このライターの詳細へ

最新記事

もっと見る

SERIES 連載

More

CATEGORIES カテゴリー