イベント

2017年11月24日

人気急上昇!リンゴ酒「シードル」を味わうレアシードルの会・潜入レポート

レアシードルの会

ワインはぶどうで作りますが、シードルはりんご果汁を発酵させて作る醸造酒。フルーティで香りがよく、シュワっとしたのど越しがとてもさわやかな発泡酒です。りんごのお酒であるシードルは、プリン体はほぼゼロ、グルテンフリー。そのヘルシーさも相まって、発泡酒の中でも今かなり注目を集めているお酒なのです。

そこで今回は、先日開かれた「レアシードル会」をレポート!なかなかに奥深いシードルの世界をお楽しみください。

レアシードル会 〜世界のまだ見ぬ美味シードル〜

カウンターに並ぶシードルの瓶

レアシードル会が開かれたのは、シードルを中心としたお酒を揃えるバー「Eclipse first(エクリプス ファースト)」さん。東京・神田駅から徒歩3分ほど。店内は14席とカウンターだけのこじんまりとしたお店です。
店主の藤井さんは、日本シードルマスター協会認定特認シードルマスターの肩書きを持つプロフェッショナル! この日はそんな藤井さんがスペインから持ち帰った日本未発売のシードル全25種類の試飲会です。
カジュアルに楽しめるシードルとはいえ、その種類は豊富で、ワインのように芳醇な甘口やすっきりしたのど越しを楽しむ辛口、色合いが美しいロゼなどタイプはさまざま。さて、どんなシードルに出会えるのでしょうか。

独特の酸味が特徴。スペインの「シドラ」

独特の酸味が特徴。スペインの「シドラ」

今回は、藤井さんが親交を深めるスペイン・アストゥリアス地方を訪ねる旅からはじまったそう。アストゥリアスはスペイン北部カンタブリア山脈を越えた海に面し、自然が豊かで緑が多い土地だそうです。アストゥリアス民族のルーツはケルト人と言われていて、ケルトの頃からシドラ(「シードル」のスペイン語)は愛飲されていたそうですよ。

ボトルを高く、グラスを低く持って、勢いよく泡立たせながら注ぐ方法「エスカンシアール」

エスカンシアール

アストゥリアスのシドラは、「エスカンシアール」という作法があります。これは、ボトルを高く、グラスを低く持って、勢いよく泡立たせながら注ぐ方法
酸味が強いシドラも、泡のおかげで口当たりがよくなめらかに飲めそうです。

この「レアシードル会」では、なんとエスカンシアールおじさんが登場!

エスカンシアールおじさん

ボトルをうーんと高く持ち上げることはできませんが、電動のおかげで勢いよく注いでくれ、泡を大量に立たせることができます。
このおじさんも、藤井さんがスペインから連れて帰ってきたそうです。

シードルを注ぐエスカンシアールおじさん

そんなエスカンシアールおじさんが場を盛り上げて大活躍!
すごい勢いでシードルを注ぎ、泡がいっぱい立ちます。かなり優秀です(的が外れると大惨事ですが…)。

乾杯はスペインの有名ブランド「マヤドール」のシードルで

スペインの有名ブランド「マヤドール」のシードル

まずはスペインの有名ブランド「マヤドール」のシードルで乾杯!
こちらは果汁に酵母由来の天然ガスを加えたものとされており、すっきりとした甘みがありつつのど越しさわやかスパークリング!最初の一杯にぴったりです。
この「マヤドール シードラ」は日本でも販売されています。気になる方は探してみてくださいね。

シードル試飲会のスタート!

カウンターに並ぶさまざまなシードル

さて、ではさっそく試飲会です。どんなシードルがあるのでしょうか。カウンターにはさまざまなシードルがずらりと並びます。

Sidra de Hielo”Diamantes de Hielo

Sidra de Hielo"Diamantes de Hielo

まずは1番。「Sidra de Hielo”Diamantes de Hielo」。
色はロゼのようですが、まったりと甘くコクのある味わい。デザートのようにフルーティかつ濃密な甘さが口の中に広がります。
わたしはかなり好きな味でした(でも早々に酔いそう)。

sidra de peraviuda de Angelon

sidra de peraviuda de Angelon

続いては2番。「sidra de peraviuda de Angelon」。
香り立ちが華やかで、飲む前から芳しい芳香が楽しめます。1番の濃厚な甘さに比べるととてもさわやか。ボトルを見ると洋梨が描いてあります。そう、これは洋梨のシードルなのですね。辛口というほどではないものの、さっぱりと飲みやすいです。

sidra pomar sin Alcohol

sidra pomar sin Alcohol

5番。「sidra pomar sin Alcohol」。
こちらはなんとノンアルコール!りんごジュースです。ただ、通常のりんごジュースよりはまろやかな気がします。おそらく発酵させない段階で瓶詰めするのだと思うのですが、瓶の中で発酵しないのでしょうか? 製造過程を見てみたいですね。甘いのですが添加物系の甘味の味ではなく、とてもフルーティでおいしい。チェイサー代わりに飲めると人気も高かったです。

sidra de cereza panizales

sidra de cereza panizales

飛んで18番。「sidra de cereza panizales」。
きれいなピンク色のロゼ。見た目は甘そうだけれども、酸味が強めのすっきり味。食前酒などにもいいかもしれません。

Elefant Island Crab Apple 2013

Elefant Island Crab Apple 2013

こちらは人気だった24番。「Elefant Island Crab Apple 2013」。
カナダ産のアイスシードル。酸味が強めなものの、濃厚な甘さもあり……これはどこかで感じたことのある……そうだ!梅酒ロックのような味わいです。とはいえりんごベースなのでさわやかフルーティ。女性が好みそうです。
もちろん男性からも人気でしたよ。

シードルに合うお料理も!

今回のシードル会では、藤井さんおすすめのシードルに合うお料理も用意されていました。

豆料理

魚介類

チーズとサラミ

魚介類や洋風もつ煮、豆料理、チーズ&サラミなどのおつまみを出していただきました。
もともと、りんごはお料理によく使う果物。シードルには酸味もありますし、風味の強いお料理にもよくなじみ、旨みを引き出してくれるようです。

シードル好きが集まり、思い思いに飲み比べ

参加者は、お店の常連さんから初来店の方までいらっしゃいましたが、皆、レアシードルを肴に和やかに飲み比べを行っていました。

レアシードル会の参加者

藤井親子のエスカンシアール

ひとくちに「シードル」と言っても味わいは本当にさまざま。もともとのりんごの味や発酵の進め方、炭酸を後から加えたりなどで味の違いが出るのでしょう。好みの味や発泡感を探すのもまた楽しい、シードルの奥の深さを堪能したシードル会でした。

パーティシーズンには、ヘルシーでお酒が得意ではない人にもぴったりなシードルを!

シードルは、基本的に早い段階で発酵を止めてりんごの糖分を残したものが「甘口」、発酵を進めてアルコール度数が高くなったものが「辛口」になるそうです。
甘口は、りんごの風味を残してありアルコール度数も低いので飲みやすく、お酒が得意ではない人にもぴったり。ワインやウィスキーなどと比べて比較的お手ごろ価格で、手軽に飲めるのも嬉しいポイントです。また、1本のシードルを作るのには約5〜6個のりんごが必要なんだとか。近年では日本のりんごで作る国産シードルも多く作られていて、シードルを飲むことでりんご栽培農家さんの応援にもなります。

そろそろパーティシーズン。お酒を飲む機会も増える時期です。おいしくてヘルシーなシードルがあれば、連日連夜のパーティもこなせてしまうかもしれません!?

関連リンク

Eclipse first(エクリプス ファースト)
住所:東京都千代田区鍛冶町2-7-10 廣瀬ビル 1F
交通:JR神田東口より約徒歩3分
営業時間:15:00〜24:00
定休日:日曜日
電話番号:03-3525-8653
https://www.facebook.com/eclipse.kanda

いしだわかこ

いしだわかこ

ライター・編集者・マンガ家。雑誌編集者、制作会社、少女マンガ誌連載などを経てフリーに。インタビュー取材をメインに、紙・Web問わず活動中。最近では、電子書籍編集や企業・行政広報誌の制作ディレクションなども行っている。 ウェブサイト

関連タグ

この協力者の他の記事を見る

このライターの詳細へ

最新記事

もっと見る

SERIES 連載

More

CATEGORIES カテゴリー