パン

2019年05月03日

ついに書籍化!厳選35レシピ掲載『ホーローパンでつくるパンレシピ』の活用術

混ぜて、発酵させて、焼く、といったパン作りの一連の流れすべてを、ホーロー容器ひとつでつくる「魔法のホーローパン」メソッドが、『まぜる・発酵・焼く ぜんぶ容器ひとつでできる! ホーローでつくるパンレシピ』(ナツメ社)としてついに書籍化されました。著者であり、ホーローパンの開発者でもある藤田裕子さんにくわしくお聞きします。

『まぜる・発酵・焼く ぜんぶ容器ひとつでできる! ホーローでつくるパンレシピ』(ナツメ社)
『まぜる・発酵・焼く ぜんぶ容器ひとつでできる! ホーローでつくるパンレシピ』(ナツメ社)

ボウルやこね台の代わりにホーロー容器で作る『魔法のホーローパン』

以前もhaccolaにご登場いただき、画期的な「魔法のホーローパン」について教えてくださったのは、都内で自家製天然酵母パン教室「いちごきっちん」を主宰されている藤田裕子さん。


「大変すぎないけど手軽。手軽だけどおいしい。」というパン作りへのこだわりが、長年その機能性に魅せられていたという「ホーロー製品」と合体し、藤田さんの珠玉のレシピとして具現化されたのがホーローパンです。「魔法のホーローパン」として教室でお伝えされていたものが書籍化となれば、全国のパンづくり愛好者のなかで新たな話題になりそうです。

『まぜる・発酵・焼く ぜんぶ容器ひとつでできる! ホーローでつくるパンレシピ』(ナツメ社)を発売された藤田裕子さん
『まぜる・発酵・焼く ぜんぶ容器ひとつでできる! ホーローでつくるパンレシピ』(ナツメ社)を発売された藤田裕子さん

パンづくりビギナーでも挑戦しやすい一冊

書籍『まぜる・発酵・焼く ぜんぶ容器ひとつでできる!ホーローでつくるパンレシピ』は、パンづくりのビギナーであっても挑戦しやすいように配慮が施されたやさしい一冊。

「いろんな方に長く楽しんでいただけるように、基本編からアレンジ編へ進む構成になっています。ビギナーさんは初めから順にステップアップを楽しめますし、パンづくり経験者さんも、ホーローを使った色んな楽しみ方をしていただけるように35種類もレシピを載せました」

”いろんな方に”、という言葉通り、専門用語を避けたわかりやすい言葉での解説や、比較的入手しやすい材料の選択、さらに、繰り返し作りたくなるレシピづくりを心がけたという配慮もされています。

初心者にもできる「フォカッチャ」レシピや、大人気の「塩バターホーローパン」レシピも掲載

「ビギナーさんは、まず「基本のフォカッチャ」を作ってみてほしいです。きっと、手軽でふかふかのフォカッチャが焼ける驚きと喜びを味わってもらえるはず!その後は基本のちぎりパンも楽しんでほしいな」

書籍より紹介。ビギナーにも作りやすい、基本のフォカッチャ
書籍より紹介。ビギナーにも作りやすい、基本のフォカッチャ

普段の教室では、募集の度にすぐ満員になってしまうという大人気レシピ「塩バターホーローパン」も、本書だけでも再現しやすいよう普段とは違ったレシピに変えて掲載されているそう。藤田さんがどれほど本気でパンづくりの楽しさを伝えたいかが感じられますね。

改めて聞く、ホーローの魅力とは

「金属の表面にガラスを焼き付けたホーローは、ひとつで何役もできる優れもの。匂いが移らないのでカレーの残りを保存したり、直接火にかけることができるので直火で温め直すこともできます。色移りもしないので洗うのも楽だし、熱伝導率が高いのでアイスクリームを作ってそのまま凍らせるにも最適なんですよ」

以前の記事でもホーローの魅力をたくさん教えてくれた藤田さんですが、パンづくりの型としてホーローを使うのはどんなポイントがあるのでしょうか?

ホーローの魅力とは
ホーローの魅力とは

普段は保存容器として使えて、パンを焼く時には容器ひとつでできる

「ホーローひとつで、あらゆる使い方ができるという点に着目しました。主婦目線で考えた時、パンを焼くためだけの専用の型だと、限られた収納スペースで場所をとってしまいます。ですがホーローなら、普段は保存容器として使えるし、パンを焼く時には、材料を混ぜる・発酵・成形・焼き上げまで容器ひとつです。熱伝導もいいので、ふっくらおいしいパンがつくりやすいんですよ。」

“ホーロー愛”が実り、オリジナル「いちごホーロー」を監修

長年、富士ホーロー社のcukkaシリーズを愛用し、パン教室でも多くの受講生に伝え続けていた藤田さんはついに同社のオリジナル「いちごホーロー」を監修し、商品化されました。

「いつかcukkaシリーズに大好きないちご柄が出たらいいなぁなんてイメージはしていたのですが、まさか自分でデザインできるなんて!本当に嬉しかったです。」

蓋の透明さや縁を赤くしたかわいらしいビジュアルにこだわり、さらにデザインの際に工夫されたのがこのタグ部分。

オリジナル「いちごホーロー」
オリジナル「いちごホーロー」

「いろんな方に驚かれるのですが、実はホーローって、直接油性ペンで書いても洗うと落ちるんですよ。冷蔵庫に入れても何が入ってるかすぐにわかるように、中身を書き込めるようにデザインしました。」

いちごホーローは、本書のレシピにも活用できるLサイズのほか、グラタンやマリネなどの料理にぴったりのMサイズ、少量保存やバター200gの保存容器にもなるというSサイズという3サイズのセット。

「今なら、本書を見てすぐにやってみたい!と思われた方にも始めやすいように、本とホーロー、それとパンづくりにあると便利なカードもつけて特別価格にしたセットも用意しています」

「パンづくりなんて無理」と思っている方にこそホーローパンをオススメしたい

“パンづくりはハードルが高い”と感じられていた方に、優しく手を差し出すようなこの配慮。長年ご自宅のパン教室でいろんな方に親身に寄り添ってこられた藤田さんは、「むしろパンづくりなんて無理、と思っている方にこそホーローパンをオススメしたい」と話てくれました。

「発酵好きなhaccola読者の方なら既にパンづくりをしている方もいるかもしれませんが、なかには面倒くさくて挫折した、なんて方もいるかもしれませんね。ホーローパンは道具やスペースが最小限で済むので、これまでのパンづくりと比較すると手軽に感じてもらえるかと思います。前日に準備したらあとは冷蔵庫でほったらかし。翌朝はホーローごとパン生地を焼くだけです。普段の朝に焼きたてパンを出すことも難しくありません。ホーローパンに慣れてきたら、持ち寄りパーティーやお友達のお宅に行くときにホーローに仕込んだ生地を持って行くのもオススメです。伺った先のオーブンでホーローパンを焼き上げたら、焼きたてパンの香りはみんなを笑顔にするでしょうし、その場もすごく盛り上がりますよ!」

ホーローパン
ホーローパン

優しい気遣いと、誰にでもわかりやすい教え方、そして明るい笑顔でファンが多い藤田さん。出版直後の現在は、通常の教室のほかにホーローパン講座も多数予定されていますので気になる方はリンク先をチェックされてみてください。
藤田さんとホーローパン、まだまださらに注目されそうです。

関連リンク

いちごきっちん
いちごきっちん通販サイト(ホーロー特別販売など)


やなぎさわ まどか

やなぎさわ まどか

フリーライター/ 通訳翻訳コーディネーター。10代後半から20代前半の海外生活後、英会話学校のマネージメントやコンサルティング企業に勤務。2011年3月の震災を機に、兼ねてから興味のあった農的な暮らしへの移行を求めて退職。現在はフリーランスにてライターやマネージメントの活動をしつつ、自然との繋がりを深める暮らしの実践中。心はいつでも旅人のままであり、自由と安定のバランスを模索する日々。 Instagram

関連タグ

この協力者の他の記事を見る

このライターの詳細へ

最新記事

もっと見る

SERIES 連載

More

CATEGORIES カテゴリー