二十四節気レシピ

2020年08月23日

処暑の二十四節気発酵レシピ│醤油麹が香ばしい「フライパンで作る発酵肉じゃが」、豆乳ヨーグルトと塩麹の「タンドリーチキン」、保存食にもなる「焦がしネギ味噌」

2020年8月23日(日)~9月6日(月)は、二十四節気の「処暑(しょしょ)」にあたります。二十四節気とは、古代中国から伝わった、1年間を約15日間に分けて24等分した暦です。
前回の「立秋(りっしゅう)」は、二十四節気の13番目の節気で、早朝や夜に気温が少し穏やかになり、秋の訪れを感じさせてくれました。今回ご紹介する「処暑」は、大暑の次の節気で、二十四節気の14番目にあたります。処暑とは、どのような時期で、どんな食べものが旬を迎えるのでしょうか? また、処暑にピッタリの発酵レシピとして、豆乳ヨーグルトと塩麹の「塩麴タンドリーチキン」、保存食にもなる「焦がしネギ味噌」、醤油麹が香ばしい「フライパンで作る発酵肉じゃが」をご紹介します。

処暑(しょしょ)とは

処暑(しょしょ)とは
処暑(しょしょ)とは

処暑の「処」は「止まる」「留まる」という意味。そのため、処暑は「ようやく夏の暑さが治まる時期」ともいわれます。日中は残暑が続きますが、朝夕は過ごしやすくなってくる時期です。

処暑のころに訪れる伝統的七夕

本来の(旧暦の)七夕は、実はこの頃。現代の(新暦の)七夕である7月7日は梅雨時期のため天の川が見えづらいもの。しかし、本来の(旧暦の)七夕の時期は、さわやかな秋の夜空に天の川が輝いて見えます。そのため、国立天文台では旧暦の七夕を「伝統的七夕」としています。処暑の日かそれより前で、処暑に最も近い新月を含む日から数えて7日目が「伝統的七夕」の日。今年の伝統的七夕は8月25日となります。

処暑の間に訪れる二百十日(にひゃくとおか)

また、立春から数えて210日目は「二百十日(にひゃくとおか)」といわれる雑節のひとつです。2020年は8月31日が二百十日にあたります。二百十日は、台風がやってきて農作物が被害に合うことが多く、厄日とされています。この日は警戒すべき日として暦に記され、台風や大風などの災害をおさめるためのお祭りなども各地で行われているようです。

処暑の七十二候(二十四節気をさらに3等分したもの)

綿柎開(わたのはなしべひらく)

綿(めん)を包む噺(はなしべ)が開き、中からふわふわの綿毛が姿を現すころ。

天地始粛(てんちはじめてさむし)

日中は残暑が残るが、朝夕は少しずつ涼しくなるころ。

禾乃登(こくものすなわちみのる)

稲穂が膨らんで黄金に色づき、早いところでは稲刈りが始まるころ。

処暑の旬のおすすめ養生野菜

さやいんげん、おくら、ゴーヤ―、つるむらさき、とうがらし、ズッキーニ、ピーマンパプリカ、とうもろこし、きゅうり、ミョウガ、茄子、枝豆

塩麴タンドリーチキン│処暑の二十四節気発酵レシピ

塩麴タンドリーチキン│処暑の二十四節気発酵レシピ
塩麴タンドリーチキン│処暑の二十四節気発酵レシピ

一見難しそうなタンドリーチキンですが、意外と簡単に作れます♪

材料

鶏肉(手羽元か手羽先がおすすめ)400g~
a豆乳ヨーグルト 60g~
a塩麴 大さじ2
aにんにく 1片 すりおろし
aカレーパウダー 大さじ1.5
aブラックペッパー 少々
玉ねぎ 1/2玉 くし切り

作り方

1. aの材料をボウルにすべて入れてよく混ぜる
2. 1に鶏肉と玉ねぎを入れよくなじませる
3. 2を冷蔵庫の中で3日ほど置き発酵させる。(お肉が柔らかくなります!)もしすぐに食べたい場合は20分常温で発酵させる
4. フライパンに油を敷き、蒸し焼きにして中まで火を通す。最後に強火にして軽くコゲをつける。お皿に盛り付けパセリを散らして完成

焦がしネギ味噌│処暑の二十四節気発酵レシピ

焦がしネギ味噌│処暑の二十四節気発酵レシピ
焦がしネギ味噌│処暑の二十四節気発酵レシピ

お味噌を濃い目に使うので、1週間以上持ちます。ご飯のお供にも、はんぺんやお揚げに塗っても〇!

材料

生姜 1片 千切り
鷹の爪 少々
長ネギ 3本~斜め薄切り
みりん 大さじ1
味噌 大さじ4(違う種類の味噌2種以上がおすすめ)

作り方

1. フライパンに生姜、鷹の爪を油で香りを出す
2. 長ネギを弱火でじっくり炒める。少々焦げるまでよく炒める
3. 長ネギに十分火が通ったらみりんを味噌を入れよく混ぜ完成

フライパンで作る肉じゃが│処暑の二十四節気発酵レシピ

フライパンで作る肉じゃが│処暑の二十四節気発酵レシピ
フライパンで作る肉じゃが│処暑の二十四節気発酵レシピ

フライパンだとしっかりと食材を炒めてから煮ることができるので、簡単に美味しく作れます!

材料

牛肉 150g
玉ねぎ 1個 くしぎり
人参 1本 乱切り
白滝 1袋
椎茸 4つ 4つ切り
まいたけ 1株 一口大にちぎる
ジャガイモ 2個 一口大

a生姜 1片 千切り
a花椒 8つ~
a鷹の爪 少々

b塩麴 大さじ2
b醤油麹 大さじ1 
bお水 250ml

ごま油 少々

作り方

1. フライパンにaをオイルで熱し香りを出す
2. 牛肉と玉ねぎを炒める
3. 牛肉は火を通しすぎると固くなるので取り出す。そのほかの材料を全て入れる
4. ジャガイモに7割ほど火が通ったら牛肉を戻し、bを入れ弱火で20分ほど煮る
5. 最後にごま油をひとまわしして完成

2つ目の秋の暦、処暑のスタミナ発酵レシピ

今回は、残暑の暑さにも負けないスタミナ発酵レシピをご紹介しました。2つ目の秋の暦になり、だんだんと日中の気温も穏やかになってきましたね。
もうすぐ、秋のお彼岸である秋分を迎えます。季節の変わり目で体調を崩しやすい時期になるため、日々の食事で体も心も満たすよう心掛けていきましょう^^

林佑香

林佑香

発酵こめはな教室/塩糀と発酵玄米を広めるひと/発酵研究/楽しそうなお祭りの出店/料理が苦手、きらいなひとの力になりたいひと。 1989年、北海道に生まれ育つ。学生時代、自身の過食による体の不調と精神の不安定さに悩み食に目覚める。体と心に美味しい食を探しマクロビから始まり様々な食の分野を学び発酵にたどり着き、現在は発酵の力を借りて体と心が幸せになる料理を軸に活動している。ミッションは「料理がきらい、にがて、めんどくさいをこの世からなくして、毎日が笑顔で過ごせる料理が自分と家族のために作れるようになる女性を増やすこと」 Instagram:@yuka_komehana/Official site: http://komehana.hacca.jp/

関連タグ

この協力者の他の記事を見る

このライターの詳細へ

最新記事

もっと見る

SERIES 連載

More

CATEGORIES カテゴリー