愛する蔵、飲んで応援。麹室全焼被害の「澤田酒造」再建を願って

11

ハッコラでもご紹介したことのある愛知県・知多半島の歴史ある酒蔵「澤田酒造」さんの麹室で、2020年11月27日、火災被害がありました。幸いなことにご関係者の方々は全員ご無事でいらっしゃいます。

澤田酒造 白虎


記事でもご紹介したように、澤田酒造さんでは、全量を丁寧に手作業で製麴されており、そこで使う麹蓋も古いものも手入れしながら大切に使っていらっしゃいました。それが燃えてしまったということで、皆さんのお気持ちを想像するだけで苦しく胸が張り裂けそうに感じます。それでも代表の澤田薫さんは鎮火後早々にFacebookで現状を報告、さらに6代目の澤田英敏さんもツイッターで現場の様子を知らせてくださっています。

火災による被害は麹室の全焼のほか、仕込み途中の酒母や麹の廃棄などが確定しているそうですが、在庫や瓶詰のラインは無事であり、すでに販売中のお酒は出荷されるとのこと。今年の新酒に関しては酒質の分析を含む検証を待ち、また新たな仕込みについては再開目処未定です(12月1日現在)

被害の公開後早々に有志による支援金口座が立ち上がったり、愛知県酒造組合による義援金の受付も始まり、こんなときだからこそ助け合うことが欠かせないんだと感じます。

愛知県酒造組合 義援金受付口座
三菱UFJ銀行 笹島(ささしま)支店 普通口座
口座番号:0007008
口座名:愛知県酒造組合(あいちけんしゅぞうくみあい)


また、応援のために日本酒の購入をお考えの方はぜひ、酒屋さんや、澤田酒造のお酒が飲める飲食店で飲んで応援しましょう。澤田酒造さんのオンラインショップに注文することは今はまだ発送の仕事が負担になりかねませんので、酒屋さんがおすすめです。澤田酒造へ直接のお問い合わせなども、今はまだタイムリーな対応が難しいときもある状況を想定しましょう。

日本酒専門メディアSAKE TIMESでは、#白老を飲める店 #白老を買える店 #飲んで応援 などのハッシュタグでも情報発信をされています。

火災当日、発酵デパートメント代表で発酵デザイナーの小倉ヒラクさんも #がんばれ澤田酒造 と応援宣言。下北沢・発酵デパートメントでも澤田酒造のお酒は購入可能です。

公式ページの発信によれば、今年の仕込みは未定なものの、復興に向けた計画を立て始め、その気丈さに力強さを感じます。引き続き、澤田酒造のホームページやSNSに注目と応援の気持ちを向け、発酵ファンとしてできる支援を行いたいですね。

ハッコラ編集部一同も、澤田酒造さんの再建を信じ、心から復興を願っています。

※澤田酒造さんのオンラインショップからの注文は、今はまだご負担になりかねませんので、酒屋さんがおすすめです。澤田酒造へ直接のお問い合わせなども、今はまだタイムリーな対応が難しい場合もある状況を想定いただけますと幸いです。

澤田酒造オフィシャルサイト
Facebook
Twitter

Close
Copyright © haccola. All Rights Reserved.
Close