乳酸菌

2016年10月23日

【漬け物(つけもの)】発酵食品リスト

【漬け物(つけもの)】発酵食品リスト:haccola 発酵ライフを楽しむ「ハッコラ」

ダイエットにも効果的

野菜を生で食べるときに比べ、約4倍の食物繊維を取ることができる。

健康美容効果

・リラックス:漬け物にはカルシウムも多く含まれる。神経の伝達機能に作用してイライラを予防。
・ビタミン補給:特にぬか漬けはビタミンやミネラルが豊富。さらに乳酸菌が腸まで届いてビタミンを作り出す。
・骨粗鬆症:漬け物のカルシウムは骨粗鬆症の予防にも効果的。

概要

・日本はずば抜けて漬け物の種類が多い。600種以上。
・漬け汁や漬け床も、しょうゆ、みそ、ぬか、カラシ、酢、日本酒など多種多様。
・漬け込み時期によって、即席漬け、一夜漬け、浅漬け、古漬けなど。大根を干してからぬかみそ漬けにしたたくあんや、塩漬けしたウリを酒粕でもう一度漬ける奈良漬けなども。

特徴

・野菜は加熱するとビタミンが壊れる。生食だとたくさん食べられない。漬け物にすると、ビタミン、食物繊維はそのままで、さらに発酵菌が野菜に多種多様なビタミンを蓄積させるので、栄養を効率よく取ることが可能に。
・特にぬかみそ漬けは、米ぬかに含まれる豊富な栄養が発酵によって野菜に浸透し、栄養、風味ともに豊かに。

代表的な産地

日本

栄養成分

ナトリウム、カリウム、リン、ビタミンA、B6

haccola編集部

haccola編集部

haccola編集部による記事をお届けします。

関連タグ

この協力者の他の記事を見る

このライターの詳細へ

最新記事

もっと見る

SERIES 連載

More

CATEGORIES カテゴリー