NY発!発酵レシピ

2017年09月09日

【エビのエスカベッシュ】ニューヨーク発!ホリスティックシェフJayさんの発酵レシピ

N.Y.でオーガニック納豆や麹食品を作っているホリスティックシェフJayさん。世界各国で様々な料理に携わってきたJayさんによる、“カラダもココロもキレイになる”発酵食品レシピをご紹介します。
今回は、ニューヨークで人気のショッピングモール「チェルシーマーケット」のビネガー専門店に足を運んだJayさん。ビネガーを使った「エスカベッシュ(南蛮漬け)」レシピをお届けします!

English article:英語版レシピはこちらから
【Shrimp Escabeche】Jay’s Ha.cco-licious Recipes


ニューヨーク、ダウンタウンの一角にあるファッショナブルなエリア、チェルシー

チェルシーと言えば近年再開発がされたダウンタウンの一角。 高架線路を使ったハイラインや、その周りの肉問屋街だったミートパッケージエリアは今やレストランやショップの集まるファッショナブルなエリアとなった。 そのチェルシーにある「チェルシーマーケット」も人気のショッピングモール。

Chelsea Market, New York.

チェルシーと言えば近年再開発がされたダウンタウンの一角。
高架線路を使ったハイラインや、その周りの肉問屋街だったミートパッケージエリアは今やレストランやショップの集まるファッショナブルなエリアとなった。
そのチェルシーにある「チェルシーマーケット」も人気のショッピングモール。
ここには個人のユニークな店もあり、いつ来ても活気がある。

Chelsea Market:http://chelseamarket.com/

チェルシーマーケットのビネガー専門店「The Filling station」

チェルシーマーケットのビネガー専門店「The Filling station」

その中にある「The Filling station」はビネガー専門の店。
世界各地から集められたビネガーをその場で瓶詰めしてくれるというお店だ。
洋梨やイチジクのビネガーもありほんのりと甘酸っぱさが店内に香っている。

The Filling station:http://www.tfsnyc.com/vinegars

ハードでストレスフルなニューヨークでは多くのひとが「健康」をとても重視しており、そのためビネガーを使ったレシピや料理、ドリンクも人気だ。
今回はそのビネガーを使ってかんたんでヘルシーな一品を作ってみる。

日本の南蛮漬けにあたる「エスカベッシュ」を、“油で揚げずに”ヘルシーに調理

日本の南蛮漬けにあたる「エスカベッシュ」を、“油で揚げずに”ヘルシーに調理

フランス料理でも、また中南米の国々でも人気のエスカベッシュ。
魚をオイルで揚げてからビネガーベースの香味野菜でマリネして、冷蔵庫で冷やして食べる爽やかな一品だ。
この料理法は日本でいうと南蛮漬けにあたる(もしかすると南蛮漬けはエスカベッシュが日本へ伝わったのかもしれない)。
今回はよりヘルシーに仕上げるため、揚げる代わりにソテーしてみる。

エビのエスカベッシュ

エビのエスカベッシュ

材料

・エビ 10匹(殻付き、有頭でもよい)
・セロリ 2本
・玉ねぎ 1/2個
・トマト 適量
・ハーブ(タイム、オレガノなどお好みで) 少々
・ローリエ 2枚
・オリーブオイル 大さじ1杯

マリネ液
・ホワイトワインビネガー 1/2カップ
・水 1/2カップ
・レモン果汁 大さじ2杯
・塩 小さじ1杯
・メープルシロップ 大さじ1杯

作り方

1.セロリと玉ねぎをスライスする。
2.ニンニクをみじん切りにする。
3.マリネ液を鍋に入れ沸騰させ、冷ます。
4.熱したフライパンにオイル、ニンニクを入れエビをソテー。
5.ボウルに材料全てを入れ冷蔵庫で冷やす。

English article:英語版レシピはこちらから
【Shrimp Escabeche】Jay’s Ha.cco-licious Recipes

Jay浅沼

Jay浅沼

シェフ、ホリスティック・ヘルス・コーチ。ニューヨーク在住。蕎麦、懐石、フレンチ、インド料理等、日本とニューヨークで本格的に実績を重ねたシェフとしての経験を活かし、「食と健康の未来」を追求。同時に「食と人のつながり」を探し求める日々。現在は執筆や講演、個人カウンセリング等の他、自ら「納豆屋」としてオーガニック納豆、麹食品等の健康食品も取り扱っている。セミナーや講演も受付け中。ブログ:NY Holistic Style

関連タグ

この協力者の他の記事を見る

このライターの詳細へ

最新記事

もっと見る

SERIES 連載

More

CATEGORIES カテゴリー