醸し物

2018年09月26日

“薬に頼らない製薬会社”を目指す「ロート製薬」が提供する、野菜と穀物の新・糀発酵飲料『Jiyona(ジヨナ)』とは?

ハッコラの記事、「日本の発酵カンパニーに注目!発酵居酒屋5 feat. 寺田本家×ロート製薬」でもお伝えさせていただきました通り、オープン2周年を迎えた表参道の醸し場「発酵居酒屋5」。同店の2周年記念イベントをともに醸したのが、“薬に頼らない製薬会社”を目指す「ロート製薬」です。

ロート製薬の担当者さん
ロート製薬の担当者さん

今回は、同イベント内でのオリジナルメニューにも使用されたロート製薬の発酵食品、野菜と穀物の新・糀発酵飲料『Jiyona(ジヨナ)』について、ロート製薬・広報の担当者さんにお話を伺いました。

野菜と穀物の新・糀発酵飲料『Jiyona(ジヨナ)』
野菜と穀物の新・糀発酵飲料『Jiyona(ジヨナ)』


Q: 野菜と穀物の新・糀発酵飲料『Jiyona(ジヨナ)』を作ろうと思ったきっかけは?

A: 地域で育まれた発酵文化は長寿大国・日本の要因のひとつ。商品化等を行うことで、人々の健康と社会の健康に繋げたい

ロート製薬は震災以降、復興支援室(現在は地域連携室に名称変更)を置き、現在も活動をしています。その中で出会った「Next Commons Lab遠野(※)」を通じて、どぶろく作りに取り組むチームの方々とご一緒することで、発酵文化に関心を持つようになりました。

※Next Commons Lab:さまざまな領域で活動するメンバーが集まり、プロジェクトを通じて地域社会と交わりながらポスト資本主義社会を具現化する議論と実行の場

Next Commons Lab 遠野さんの投稿 2017年5月27日土曜日

そもそも日本が長寿大国である理由の一つには、地域で育まれた発酵の文化があると考えており、それらを研究しながら、商品化等を行うことで、人々の健康にも、地域社会の活性化(社会の健康)にも繋がるのではないかと思ったことがきっかけです。

Q: 『Jiyona(ジヨナ)』誕生にあたって、大変だったこと、うれしかったことは?

A: 「薩摩酒造」様との協業でともに切磋琢磨して出来上がったJiyonaを、多くの方に「おいしい」と言っていただけること

ロート製薬としては、発酵の技術を持ち合わせているわけではなかったので、鹿児島県枕崎市に本社・工場を置く「薩摩酒造」様にもご協力いただきながらの開発でした。


薩摩酒造 白波CM『この地球の日々たちへ。』90秒フルバージョン

それぞれの素材を立たせるべく、添加物を一切使用せず、おいしいモノを作る…という点で、ロート製薬としても、薩摩酒造様としても、共に試行錯誤を繰り返しながら切磋琢磨させていただいたことは、今でも忘れられません。実際に発売をし、様々なところで飲んでいただいた方から「おいしい」とのお声をいただき、リピートしていただいていることは、非常に嬉しく思います。

Q: 『Jiyona(ジヨナ)』が“糀発酵飲料”と名付けられた理由や、甘酒との違いは?

A: 野菜(紫芋)も一緒に発酵をさせた、新発想の糀発酵飲料『Jiyona(ジヨナ)』

野菜(紫芋)も一緒に発酵をさせた『Jiyona(ジヨナ)』
野菜(紫芋)も一緒に発酵をさせた『Jiyona(ジヨナ)』

『Jiyona(ジヨナ)』は、野菜(紫芋)も一緒に発酵をさせていることで、紫芋の栄養も一緒に摂ることができます。そういう観点で甘酒ではない、新発想の糀発酵飲料として名づけています。
また通常の甘酒は黄麹ですが、今回は白麹を使っています。発酵過程で出るクエン酸には疲労回復効果等も見込まれますので、お疲れの方にはぜひお飲みいただきたいです。

Q: 『Jiyona(ジヨナ)』の良さをもっとも実感できるのはどんな人たち?

A: 都会で働く女性の方々のエネルギーチャージに

都会で働く女性に『Jiyona(ジヨナ)』を
都会で働く女性に『Jiyona(ジヨナ)』を

都会で働く女性の方々ではないでしょうか。クエン酸など白糀が発酵過程で生み出す成分や、紫芋に含まれるアントシアニンなど疲れた体へ手軽に栄養をチャージしていただくことができます。

Q: 『Jiyona(ジヨナ)』を召し上がっていらっしゃるお客様の意外な反応は?

A: お客様によるアレンジレシピの数々に驚き

『Jiyona(ジヨナ)』を甘酒ドレッシングにアレンジ
『Jiyona(ジヨナ)』で作ったドレッシング(レシピ・撮影/やなぎさわ まどか

発売以降、たくさんのお客様が自らアレンジレシピを考えてくださったことは非常に嬉しく思います。『Jiyona(ジヨナ)』の甘酸っぱさを活かして、ドレッシングにしていただいたり、タルトやスポンジケーキなどおやつにアレンジしてくださる方もいたりして、驚きでした。

Q: 『Jiyona(ジヨナ)』の優れた作用を最大限に享受できる、ベストな食べ方は?

A: 元気をチャージしたいときにオススメ

一吉紫芋(いちきちむらさきいも)を使った糀発酵飲料『Jiyona(ジヨナ)』
元気をチャージしたいときに『Jiyona(ジヨナ)』を(撮影/やなぎさわ まどか

疲れたときや、元気をチャージしたいなと思ったタイミングで取っていただくことがいいかなと思います。腹持ちもいいので、おやつや残業の際にもおススメです。

Q: 担当者さんがいちばん大好きな『Jiyona(ジヨナ)』の食べ方・使い方は?

A: 食欲のない朝は、ヨーグルトと一緒に『Jiyona(ジヨナ)』を

ヨーグルトと一緒に『Jiyona(ジヨナ)』を
ヨーグルトと一緒に『Jiyona(ジヨナ)』を

仕事中15時くらいに疲れを感じて、一旦休憩をしたいな…と思った時に『Jiyona(ジヨナ)』を飲むと、一気に元気がチャージされる気がします! また特に、食欲のない朝は、ヨーグルトと一緒に『Jiyona(ジヨナ)』を食べています。手軽に、かつ、しっかり栄養が取れる点がオススメです。

Q: ロート製薬の他の商品と組み合わせて『Jiyona(ジヨナ)』を使うなら、どの商品がオススメ?

A: 麹から作られているロート製薬の化粧品『糀肌(こうじはだ)』

ロート製薬の化粧品『糀肌(こうじはだ)』
ロート製薬の化粧品『糀肌(こうじはだ)』

麹から作られているロート製薬の化粧品『糀肌』はいかがでしょうか? 体の内外から麹を摂っていただく機会はなかなかないと思いますので、オススメさせていただきます。

担当者さんからのメッセージ

発酵は非常に奥深い世界だと思います。ロート製薬として様々な商品を開発してきましたが、まだまだ日々勉強の中、チャレンジを続けています。これからも様々な観点で健康に関する取り組みを行っていきますので、ぜひ応援いただけますと幸いです!


ロート製薬の発酵食品、野菜と穀物の新・糀発酵飲料『Jiyona(ジヨナ)』。手軽にいただくことができるうえ、甘酸っぱいフレーバーがクセになるおいしさです。ぜひ一度試してみてくださいね。

(画像提供:ロート製薬)

✔詳細・ご購入はこちらから!
野菜と穀物の新・糀発酵飲料『Jiyona(ジヨナ)』



関連リンク

ロート製薬
jiyona(ジヨナ)
Next Commons Lab遠野
薩摩酒造

haccola編集部

haccola編集部

haccola編集部による記事をお届けします。

関連タグ

この協力者の他の記事を見る

このライターの詳細へ

最新記事

もっと見る

SERIES 連載

More

CATEGORIES カテゴリー