イベント・講座

2018年09月26日

日本の発酵カンパニーに注目!発酵居酒屋5 feat. 寺田本家×ロート製薬

二十四節気の発酵レシピ」や、「発酵イタリアンレシピ」の連載でもおなじみの、表参道の醸し場『発酵居酒屋5』が、2018年の7月にオープン2周年を迎えました。
それを記念して、2018年7月2日(月)〜7月9日(月)の1週間、”発酵ずくし”のアニバーサリーイベント『発酵5祭 2nd』が開催され、期間中は”発酵”にまつわるゲストを招き、毎日日替わりで様々なイベントが催されました。

『発酵5祭 2nd』の期間中は、発酵にまつわるゲストを招き、日替わりでイベントが開催された
『発酵5祭 2nd』の期間中は、発酵にまつわるゲストを招き、日替わりでイベントが開催された


『発酵5祭 2nd』第6夜「『寺田本家』当主の発酵トークと『ロート製薬』の発酵商品体験」

今回、ハッコラ編集部がお伺いしたのは、第六夜の「『寺田本家』当主の発酵トークと『ロート製薬』の発酵商品体験」。
この日は、「寺田本家」24代目当主・寺田優氏の発酵トークと、「ロート製薬」の発酵商品を使ったメニューが楽しめる、スペシャルな内容となりました。発酵居酒屋5、寺田本家、ロート製薬、3つの発酵カンパニーによる盛りだくさんなイベントレポートをお届けします。

「寺田本家」24代目当主・寺田優さんと、「発酵居酒屋5」料理長・鈴木大地さんによる発酵トーク

「寺田本家」24代目当主・寺田優氏と、「発酵居酒屋5」料理長・鈴木大地氏の発酵トーク
「寺田本家」24代目当主・寺田優さんと、「発酵居酒屋5」料理長・鈴木大地さんの発酵トーク

まずは、「寺田本家」24代目当主・寺田優さんと、「発酵居酒屋5」料理長・鈴木大地さんの発酵トークで、『発酵5祭 2nd』第6夜のスタートです。

寺田本家を代表するお酒のひとつ『発芽玄米酒 むすひ』はなぜ玄米で作られた?

みなとみらい発酵部や朝日カルチャーセンターなどでワークショップや講座を行い、発酵ワクワク大使としても活躍する鈴木料理長が、寺田優さんに酒造りについて聞きました。

「寺田本家さんをを代表するお酒のひとつ『発芽玄米酒 むすひ』を造るにあたり、なぜ玄米に着目されたのでしょうか?」(鈴木さん)。

「玄米は、そのまま種として芽吹く力を持っています。生命体として完全な状態と言っても過言ではない玄米。その命の力をいただいてほしいという想いから『発芽玄米酒 むすひ』を造っています。なので、“発芽玄米酒は体に良い”と多くの方に思ってもらえるのだと思います」(寺田さん)。

「和醸良酒(わじょうりょうしゅ)」は会社や人間関係にも通ずる言葉

「酒造りの面白いところはどんなところですか?」(鈴木さん)。

「酒造りは、善玉菌も悪玉菌も、清濁併せ呑むところに面白さがあると思っています。
“和醸良酒(わじょうりょうしゅ)”と言われますが、良い酒は携わる人たちの和によって醸され、良い酒が人を和を醸す。微生物も含め、いろんな人を受け入れて、みんなで発酵できる場を作っていくこと、これは酒造りだけに言えることではなく、会社や人間関係でも同じことですよね」(寺田さん)。

朝の畑は、ハワイ以上のマインドフルネスが感じられる!?

「寺田本家では、お酒に使用する米作りにも携わっていらっしゃるのですよね」(鈴木さん)。

「そうです。米を作っている朝の畑は、もしかしたらハワイ以上のマインドフルネスが感じられる場所だなぁと感じます。
1日の仕事の始まりに畑の様子を見に行き、手入れをすること。これは本当に素晴らしくて、育てること、愛を分かち合うことを実感できますね」(寺田さん)。

寺田本家の「酛摺り(もとすり)歌」に聞き入る

寺田さんと鈴木さんによる、寺田本家の「酛摺り(もとすり)歌」
寺田さんと鈴木さんによる、寺田本家の「酛摺り(もとすり)歌」

発酵トークの後は、寺田さんと鈴木さんによる、寺田本家の「酛摺り(もとすり)歌」を披露。
「酛摺り歌」とは、造り酒屋で働く人たちが歌う仕事歌のひとつで、酛(もと)を作るために蒸米と麴と水とを桶に入れ、3~4人が長い櫂(かい)で撹拌するときに歌う歌です。
寺田本家のお酒が愛される理由が、ここにある。そう感じさせてくれる空間に、参加者は引き込まれていきました。

ロート製薬から発売されている発酵食品使った、当日限定スペシャルメニューも!

「猪豚(いのぶた)ステーキとグリル野菜 有機玄米味噌『おみそdeふふふ』添え」

猪豚ステーキとグリル野菜 有機玄米味噌「おみそdeふふふ」添え
猪豚ステーキとグリル野菜 有機玄米味噌「おみそdeふふふ」添え

今回のイベントでは、“薬に頼らない製薬会社”を目指すロート製薬から発売されている、紫芋と白麹の甘酒『Jiyona(ジヨナ)』、有機玄米味噌『おみそdeふふふ』を使った当日限定メニューも登場しました。

ハッコラ編集部がいただいたのが、『猪豚(いのぶた)ステーキとグリル野菜 有機玄米味噌「おみそdeふふふ」添え』。
猪豚とは、猪と豚との交配により生まれ、両者の長所を受け継いだお肉。今回使用された株式会社嶋本食品の猪豚は、寝る前に酒粕を食べさせることで寝ている間に腸が活性化され、かつ、ゆっくりと時間をかけて肥育されるため非常においしいく、料理長の鈴木氏も太鼓判の猪豚です。

そんな猪豚に添えられたのが、ロート製薬の有機玄米味噌『おみそdeふふふ』。しっかりとしたお肉の旨みに寄り添った、コクのある玄米味噌とのマリアージュは、お箸が止まらないおいしさでした!

その他にも、『スティック野菜と有機玄米味噌「おみそdeふふふ」』や『有機玄米味噌「おみそdeふふふ」のなめろう』など、ロート製薬の有機玄米味噌『おみそdeふふふ』を使った当日限定スペシャルメニューも大盛況でした。

「紫芋と白麹の甘酒『jiyona(ジヨナ)』のシャーベット フルーツと寺田本家の酒粕クラッカー添え」

紫芋と白麹の甘酒『jiyona(ジヨナ)』のシャーベット フルーツと寺田本家の酒粕クラッカー添え
紫芋と白麹の甘酒『jiyona(ジヨナ)』のシャーベット フルーツと寺田本家の酒粕クラッカー添え

ロート製薬から発売されている、紫芋と白麹の甘酒『Jiyona(ジヨナ)』のシャーベット。季節のフルーツと、寺田本家の酒粕を使ったクラッカーが添えられていて、とってもヘルシーなうえに消化にも良く、満足感もキチンと得られる極上のデザートでした。

もちろん、『Jiyona(ジヨナ)』そのものも試飲させていただきました。

『Jiyona(ジヨナ)』の試飲
『Jiyona(ジヨナ)』の試飲

希少な在来種「一吉紫芋」を、焼酎の仕込みに使う「白麹」で発酵させているのがポイントの『Jiyona(ジヨナ)』。白麹が生み出す自然な甘みと酸味の絶妙なバランスがクセになりそうなおいしさです!

ロート製薬のみなさまと会場の参加者から、「寺田本家」24代目当主・寺田優さんへ質問タイム

お食事の後は、ロート製薬のみなさまと会場の参加者から、「寺田本家」24代目当主・寺田優さんへ質問タイムが設けられました。

「『寺田本家』24代目当主になられて、体と心の変化はありましたか?」

寺田さんに質問をするロート製薬のみなさま
寺田さんに質問をするロート製薬のみなさま

「私はもともと、テレ部局のプロダクションに勤めていました。不規則で激務な環境から、結婚を機に寺田本家で酒造りを始めましたが、体重は自然に10キロ減り、肌も変化しましたね。体質そのものが変わりました。

また、酒造りをしていると、先代からの『お疲れ様』が聞こえてきます。いつも守られ、支えられている感じがしますね。そうやって過ごしているからか、『この世界だけではなく、別の世界がある』と感じられて、人生に余白ができるんです。毎日の生活の中で上手に余白を使うことで、生き方が楽になりました」(寺田さん)。

「発酵の良さを伝えるには?」

質問に応える寺田さん
寺田優さんへ質問タイム

「発酵を通じで生み出される素晴らしい物事は、本当にたくさんありますが、健康という側面を伝えるには、やはり体験してもらうことがいちばんだと思います。今日のイベントでもそうなのですが、実際に発酵食品を使った料理を食べてもらって、翌朝体が軽いことを実感してもらうこと。そうすると、発酵食品は消化にいいんだな、と体で理解してもらえるのではないでしょうか」(寺田さん)。

ロート製薬の化粧品『糀肌』を始めとした、発酵アイテムを体験!

ロート製薬のブース
ロート製薬のブース

『Jiyona(ジヨナ)』と有機玄米味噌『おみそdeふふふ』の販売も

ロート製薬の柴田春奈さん(左)と湯浅晶子さん(右)
ロート製薬のみなさま

会場では、ロート製薬のブースも出現! 麹から作られているロート製薬の化粧品『糀肌』の体験や、『Jiyona(ジヨナ)』と有機玄米味噌『おみそdeふふふ』の販売で盛り上がっていました。

ロート製薬のメッセージマガジン『太陽笑顔fufufu』の閲覧・配布も

ロート製薬の吉田百合香さん
ロート製薬の担当者さん

ブースでは、最新の健康・美容の情報を届けるロート製薬のメッセージマガジン『太陽笑顔fufufu』の閲覧・配布も! 毎号約5万人の読者に定期購読されている『太陽笑顔fufufu』は、本当に役に立つ情報が、毎日に取り入れやすいように掲載されていて、読み応えたっぷり。過去には、発酵特集も組まれたことがあり、大好評だったのだとか。

ロート製薬のブースからは、「薬に頼らない製薬会社」を目指す、強く温かい気持ちが溢れていました。

日本の発酵カンパニーに注目!発酵居酒屋5 feat. 寺田本家×ロート製薬

大満足で終了した、『発酵5祭 2nd』第6夜「『寺田本家』当主の発酵トークと『ロート製薬』の発酵商品体験」。
発酵居酒屋5、寺田本家、ロート製薬、3つの発酵カンパニーによって醸された空間で、素晴らしいひとときを過ごすことができました。これからも、日本の発酵カンパニーから目が離せません!

次回予告!「玄米味噌作りイベント」10/20(土)11:30~スタート@発酵居酒屋5

秋の土用入りする10月20日(土)11:30から、発酵居酒屋5で玄米味噌作りイベントが開催! テーマは「種と菌」です。
玄米麹を使った味噌作りや、麹と触れ合って試食をする体験、種と菌の交換会、玄米味噌尽くしのランチなど、土用期間のオススメとして、ロート製薬の有機玄米味噌『おみそdeふふふ』を使ったメニューを展開します。
詳細がわかり次第、ご紹介させていただきます!


関連リンク

発酵居酒屋5
寺田本家
ロート製薬
jiyona(ジヨナ)
有機玄米味噌 おみそdeふふふ
太陽笑顔fufufu
糀肌(こうじはだ)

haccola編集部

haccola編集部

haccola編集部による記事をお届けします。

関連タグ

この協力者の他の記事を見る

このライターの詳細へ

最新記事

もっと見る

SERIES 連載

More

CATEGORIES カテゴリー