発酵レストラン

2018年12月28日

赤坂にピットインして発酵力を満タンに!発酵食堂『東京850 PIT』がオープン

発酵食堂『東京850 PIT』が赤坂にオープン!
発酵食堂『東京850 PIT』が赤坂にオープン!

「美も健康も、美腸から! 発酵パワーではじまる、おいしい腸活習慣」をテーマに、2018年12月5日、東京・赤坂にオープンした、発酵食堂『東京850 PIT(トウキョウ ハッコー ピット)』。隣接する発酵ドリンク専門店『東京850 STAND(トウキョウ ハッコー スタンド)』続き、「東京発酵文化研究所」がプロデュースする発酵料理専門店にお邪魔してきました!


発酵食堂『東京850 PIT』とは?

発酵食堂『東京850 PIT』外観
発酵食堂『東京850 PIT』外観

古来より日本人の健康を支えてきた発酵の力を見直し、もっと見近に、もっと気軽に毎日の生活に取り入れてほしいとう思いから誕生した、発酵食堂『東京850 PIT』。発酵文化を発信する東京発酵文化研究所オリジナルの植物性乳酸菌『TK-850』をはじめ、麹菌、酵母、酢酸菌、納豆など、あらゆる発酵食材を使用したメニューが豊富に揃います。

発酵食堂『東京850 PIT』で提供される発酵たっぷりの“ごはん”

おいしく気分もほっこりする、発酵食堂『東京850 PIT』
おいしく気分もほっこりする、発酵食堂『東京850 PIT』

食事とは、体と向き合い、体をつくるもの。だからこそ、一つひとつ丁寧につくられた発酵たっぷりの“ごはん”を提供してくれるのが、発酵食堂『東京850 PIT』です。

並ぶ自家製の“瓶詰め”発酵食材が並ぶ、発酵食堂『東京850 PIT』の店内

自家製の“瓶詰め”発酵食品
自家製の“瓶詰め”発酵食品

カウンターが4席とテーブルが4つ。全14席の店内に入ると、まず目を惹くのが壁にずらっと並べられたカラフルな瓶。中はすべて自家製の発酵食材です。発酵好きならきっと好奇心をそそられるはず!

発酵食堂『東京850 PIT』のメニューとは?

それでは、どんな発酵食メニューが提供されているのか、早速チェックしてみましょう。

ランチメニュー│小鉢で野菜もたっぷり!日替わりで味わいたい、発酵食堂『東京850 PIT』ランチメニュー

発酵食堂『東京850 PIT』のランチメニュー
発酵食堂『東京850 PIT』のランチメニュー

850お魚プレート│発酵食堂『東京850 PIT』ランチメニュー

850お魚プレート 1000円(税抜)
850お魚プレート 1000円(税抜)

本日のお魚をメインにした小鉢と具たくさんお味噌汁がセットのプレート。ご飯は、酵素玄米、または十六穀米・白米から選べます。醤油麹入りの卵焼きもおいしそうです。

850お肉プレート│発酵食堂『東京850 PIT』ランチメニュー

850お肉プレート 900円(税抜)
850お肉プレート 900円(税抜)

本日のお肉をメインに小鉢の野菜がたっぷり。具たくさんお味噌汁付きで、ご飯は、酵素玄米、または十六穀米・白米から選べます。写真のメイン料理は、発酵したパイナップルを加えた発酵タルタルソースをかけていただく、鶏の南蛮焼きです。

ヘルシー野菜850プレート│発酵食堂『東京850 PIT』ランチメニュー

ヘルシー野菜850プレート 880円(税抜)
ヘルシー野菜850プレート 880円(税抜)

乳酸菌入りの紫芋のコロッケをはじめ、醤油麹をかけた寄せ豆腐、味噌ドレッシングをかけたサラダなど、発酵と野菜をたっぷり満喫したい方におすすめです。昨日食べ過ぎてしまって…という翌日は、「ヘルシー野菜 850プレート」で調整するのもいいですね。野菜スープと酵素玄米ご飯付き。

本日の850お豆カレー焼き野菜添え│発酵食堂『東京850 PIT』ランチメニュー

本日の850お豆カレー焼き野菜添え 850円(税抜)
本日の850お豆カレー焼き野菜添え 850円(税抜)

焼きチーズとトマトがアクセントの、お豆のカレー。

ディナーメニュー│季節限定!心もカラダも温まる「発酵1人鍋」を味わう、発酵食堂『東京850 PIT』ディナーメニュー

発酵食堂『東京850 PIT』の季節限定「発酵1人鍋」
発酵食堂『東京850 PIT』の季節限定「発酵1人鍋」

鍋が恋しい季節ですが、1人前の鍋って具材を揃えようとするとけっこう大変なものですよね。野菜も発酵食品もしっかりとれて、体も温まる自慢のシーズン限定メニュー「発酵1人鍋」をぜひお試しください。

丸ごとトマトキムチのチゲ鍋│発酵食堂『東京850 PIT』ディナーメニュー

丸ごとトマトキムチのチゲ鍋 1200円(税抜)
丸ごとトマトキムチのチゲ鍋 1200円(税抜)

キムチのみでも発酵食品を取り入れられますが、そこは発酵専門店ならではのひと工夫が加えられています。丸ごと大胆に入ったトマトは、湯むきしたトマトの中をくり抜いてキムチを詰めて発酵させたもの。トマトの甘みがアップします。

具たくさん野菜と豚肉の発酵タジン鍋│発酵食堂『東京850 PIT』ディナーメニュー

具たくさん野菜と豚肉の発酵タジン鍋 1100円(税抜)
具たくさん野菜と豚肉の発酵タジン鍋 1100円(税抜)

お肉で野菜を巻いて食べるタジン鍋。発酵ポン酢を豆乳でわった、オリジナルの豆乳ポン酢につけていただくのがポイントです。乳酸菌入りザワークラウトも入っていて、ちょっぴり感じる酸味も特徴的。

「乳酸菌鍋ボール」で、発酵パワーをさらにチャージ!│発酵食堂『東京850 PIT』ディナーメニュー

オリジナルの鍋ボール
オリジナルの乳酸菌鍋ボール

さらに発酵力を高めたい方にもうれしい「乳酸菌鍋ボール」は、すべてのお鍋に付いてきます。
自社開発の鍋ボールは、オリジナル乳酸菌『TK-850』とコラーゲンからできたもの。1個で500億個の乳酸菌が摂取でき、これは100gのヨーグルト5個分ほどに相当するそうです。

ディナーメニュー│日替わりメニューやおつまみ、アルコールも楽しめる、発酵食堂『東京850 PIT』ディナーメニュー

発酵食堂『東京850 PIT』のディナーメニュー
発酵食堂『東京850 PIT』のディナーメニュー

今夜の9種850プレート│発酵食堂『東京850 PIT』ディナーメニュー

今夜の9種850プレート 1200円(税抜)
今夜の9種850プレート 1200円(税抜)

日替わりの発酵おかずに具たくさんお味噌汁と酵素玄米ご飯が付いたセット。オリジナル乳酸菌『TK-850』入りのポテトサラダや甘エビの塩麹漬け、麹を混ぜてオリーブを乗せたクリームチーズ、ヨーグルトとハチミツ入りのカボチャサラダなど、これでもかというくらい発酵食品を満喫できます。味はもちろん目でも楽しめて満足度の高いプレートです。

発酵おつまみ│発酵食堂『東京850 PIT』おつまみメニュー

発酵食堂『東京850 PIT』のおつまみメニュー
発酵食堂『東京850 PIT』のおつまみメニュー

乳酸菌たっぷりのザワークラウトや、酢酸のきいた赤玉ねぎ米酢発酵など、お酒のお供にぴったりの、体にやさしい発酵おつまみも取り揃えています。

自家製発酵 “瓶詰め”おつまみ
季節の発酵おつまみ。箸休めにも。

「自家製発酵 “瓶詰め”おつまみ 380円(税込)」
自家製発酵 “瓶詰め”おつまみ 380円(税込)

850味噌唐揚げ
おつまみの定番。発酵アルコールと一緒に!

850味噌唐揚げ 500円(税込)
850味噌唐揚げ 500円(税込)

オリジナル乳酸菌『TK-850』入りぬか漬け
発酵がしっかり効いたお漬物。

オリジナル乳酸菌TK-850入りぬか漬け 380円(税込)
オリジナル乳酸菌TK-850入りぬか漬け 380円(税込)

自家製ドリンク│発酵食堂『東京850 PIT』アルコールメニュー

発酵食堂『東京850 PIT』オープニングレセプションに用意されていたドリンク
発酵食堂『東京850 PIT』オープニングレセプションに用意されていたドリンク

ドリンクも、自家製発酵の野菜や果物を使用したオリジナルが提供されています。

発酵つぶつぶレッドアイ
食感も楽しめる、発酵ビールカクテル。

発酵つぶつぶレッドアイ 580円(税込)
発酵つぶつぶレッドアイ 580円(税込)

発酵柑橘ハイボール
レモンとオレンジがたっぷりの果汁味溢れるハイボール。

発酵柑橘ハイボール 500円(税込)
発酵柑橘ハイボール 500円(税込)

毎日1食、発酵食堂『東京850 PIT』で発酵食を!

発酵食堂『東京850 PIT』と、発酵ドリンク専門店『東京850 STAND』をプロデュースする「東京発酵文化研究所」事業企画推進室の久保河内さなえさんにお話を聞きました。

「発酵をもっと気軽に取り入れてほしい。そのために、“どんな場所があれば発酵が日常に取り入れやすいのか”と考え、たどりつたのが、気軽に発酵を取り入れられる、発酵ドリンク専門店『東京850 STAND』でした。発酵食堂『東京850 PIT』には、忙しい現代人だからこそ、“毎日1食、どこかに発酵食を取り入れてほしい”という想いが込められています」(久保河内さん)。

発酵食を毎日食べて欲しいから、価格設定も良心的に

発酵食堂『東京850 PIT』オープニングレセプションで振舞われたお料理
発酵食堂『東京850 PIT』オープニングレセプションで振舞われたお料理

また、「発酵の素晴らしいパワーを実感いただくには、毎日食べてもらわないと意味がない」というポリシーから、良心的に設定された価格も魅力のひとつです。今後は、多店舗展開や、ワークショップやセミナーなどで発酵体験をシェアし、“発酵ファン”を増やしていきたいとのこと。


発酵食品といえば、納豆やヨーグルトなどが身近ですが、発酵食堂『東京850 PIT』で提供されるメニューを体験すると、専門店ならではの発酵料理のバリエーションに驚かされます。味噌や麹をソースやドレッシンに使用したり、自分では思いつかないような食材と組み合わせたり…。「いつものメニューでも、発酵を取り入れることで、こんなにおいしくいただける!」、そんなうれしい発見を、発酵食堂『東京850 PIT』で体験してみませんか?


発酵食堂『東京850 PIT』店舗情報

営業時間:11:00〜22:30(L.O.)
定休日:日曜日
住所:〒107-0052 東京都港区赤坂6-4-20赤坂ヴィラージュ1階(Googleマップ
TEL:03-3505-0888
発酵食堂『東京850 PIT』オフィシャルサイト
発酵食堂『東京850 PIT』Instagram
東京発酵文化研究所オフィシャルサイト

森山麻里子

森山麻里子

管理栄養士→エステティシャン→美容部員→webディレクターを経てライター/コスメコンシェルジュに。現在、オーガニックコスメの現場にも携わる。女性の心地よいライフスタイルを応援すべく活動中。

関連タグ

この協力者の他の記事を見る

このライターの詳細へ

最新記事

もっと見る

SERIES 連載

More

CATEGORIES カテゴリー