味噌

2019年05月01日

GWの〆に作り置き!スタミナ満点♡ニンニクの味噌漬け【発酵常備菜レシピ】

ゴールデンウィークも残りわずか、いかがお過ごしでしょうか? 普段よりお家にいる時間が長い方は、この機会にぜひ、発酵常備菜作りにチャレンジしてみませんか?

GWにまとめて作り置き!スタミナ満点♡ニンニクの味噌漬け【発酵常備菜レシピ】
GWにまとめて作り置き!スタミナ満点♡ニンニクの味噌漬け【発酵常備菜レシピ】

春は生活や環境の変化もあいまって、知らず知らずのうちに疲労がたまったり、体力の消耗も気になる季節ですね。まだ肌寒い日もあり、冷えも気になります。また、「なんとなくダルい」、「疲れが取れない」と感じることも多い時期。今回は、そんなときにパワーをチャージしてくれる心強い発酵常備菜「ニンニクの味噌漬け」レシピをご紹介します。「味噌×ニンニク」と聞いただけでもスタミナ満点な気がしますが、これらの食べ合わせが最強にパワフルな理由もお伝えしますね。

味噌には、疲労回復や体力増強に欠かせない「ビタミンB1」がたっぷり!

味噌
味噌

春に限らず、疲労の回復や体力の増強には、体にエネルギーを補給する必要があります。また、取り入れたエネルギーを体内で有効に使うためには、ビタミンB1が欠かせません。味噌の原料である大豆は、発酵するによってアミノ酸やビタミン類が多量に生成されます。その中に含まれてるビタミンのひとつが「ビタミンB1」です。

タンパク質、必須アミノ酸、カリウム、カルシウムも含む味噌

大豆のタンパク質は、酵素によって分解されてアミノ酸となりますが、その中には生命を維持するために不可欠な必須アミノ酸8種類がすべて含まれています。他にも、ビタミン類(B1・B2・B6・B12・E・K・ナイアシン・葉酸・パントテン酸・ピオチン)や、無機質(ナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウム、リン・鉄・亜鉛・銅・ヨウ素・セレン・クロム・モリブデン)、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸、食物繊維などが含まれています。

がんの予防に効果のある植物性食品「デザイナーズフーズ」のトップに輝く「ニンニク」

ニンニク
ニンニク

アメリカの国立がん研究所は、1990年、がんの予防に効果のある植物性食品(主に野菜や果物などの約40種)を「デザイナーズフーズ」として発表しました。それらは、免疫力の向上や生活習慣病の予防にもパワーを発揮してくれる優れた食品たちです。そんなデザイナーズフーズとして挙げられている食品の中で、もっとも優秀なのが「ニンニク」なのです!

ニンニクに含まれる「アリシン」

ニンニクには、疲労回復や滋養強壮、抗酸化作用、血行促進などのうれしい作用をもたらす物質がたくさん含まれており、スタミナフードの王様として名高いのも頷けます。中でも、ニンニクのニオイの元である「アリシン」を味噌と一緒に摂ることで、最強のパワーを発揮してくれます。

「味噌×ニンニク」の食べ合わせが最強な理由

味噌やニンニク単体でも十分に栄養価が高く、疲労回復や体力増強になるのですが、味噌の「ビタミンB1」とニンニクの「アリシン」が結合すると、ビタミンB1が腸から吸収されやすくなり、体内のエネルギー代謝を助けてくれる働きがアップします。
また、ニンニクの血行促進作用による冷えの改善も期待できるので、味噌と一緒に食べると「疲労回復・体力増強・冷え改善」のトリプルメリットを得ることができます。
今回は、いいことづくめの発酵常備菜レシピ「にんにくの味噌漬け」をご紹介します。酵素が働きやすいように、味噌は火入れをせず作りました。

スタミナ満点♡ニンニクの味噌漬け【発酵常備菜レシピ】

スタミナ満点♡ニンニクの味噌漬け【発酵常備菜レシピ】
スタミナ満点♡ニンニクの味噌漬け【発酵常備菜レシピ】

材料

材料
材料

・ニンニク 200g(皮をむいたもの)
・味噌 200g
・みりん 100cc
・キビ糖 20g
・赤唐辛子 1本
・ジップ袋 1枚

作り方

1. ニンニクは、ひとかけらずつキレイに皮をむき、下の硬いところをカットします。
2. 赤唐辛子は種を取り、輪切りにします。
3. ジップ袋に味噌・みりん・キビ糖・赤唐辛子を入れて、袋の口を閉じてよく混ぜておきます。
4. 鍋にお湯を沸かし、ニンニクを入れて60~90秒茹でます。
5. ニンニクをザルにとり、水気を切って温かいうちにジップ袋の中に入れ、よく混ぜます。

作り方
作り方

6. 室温に1時間くらい置いてから冷蔵庫に入れ、1週間くらいから食べられます。1ヶ月置くと、よりおいしくなります。

作り方
作り方

ポイント

ニンニクを漬けて残った味噌は、煮物や、お肉・お魚の漬け床として使えます。

ゴールデンウィークに発酵常備菜を作り置きしよう!

「ニンニクの味噌漬け」をGWにまとめて作り置きして、連休明けも疲れ知らずで過ごしましょう!

香坂つぐみ

香坂つぐみ

発酵料理研究家、発酵教室『糀キッチン』主宰。みそソムリエ、パンシェルジュマイスター、製菓衛生師、家庭科教諭免許保有。手作り発酵食品の仕込みや発酵食品を使った発酵家庭料理をご提案させていただいています。発酵手作りご飯生活応援中。ホームページ:発酵教室『糀キッチン』、ブログ:香坂つぐみの素敵な発酵生活2

関連タグ

この協力者の他の記事を見る

このライターの詳細へ

最新記事

もっと見る

SERIES 連載

More

CATEGORIES カテゴリー