パン

2020年05月02日

お家で手作り♡「発酵豆腐パン」レシピ│ヨーグルト×イーストのダブル発酵!低糖質で低カロリー、卵・バター不使用の作り方

自宅で過ごす時間が増えている今、ちょっぴり手間暇をかけて美味しいパンを作ってみるのはいかがでしょうか? そして、お家でパンを手作りするなら、一風変わった「発酵豆腐パン」なんてどうでしょう?^^
今回は、「ダイエット中でもパンが食べたい! でも、糖質が気になって…」という方にもおすすめな、お豆腐を使った「発酵豆腐パン」のレシピをご紹介します。

お家で手作り♡「発酵豆腐パン」レシピ│ヨーグルト×イーストのダブル発酵!低糖質で低カロリー、卵・バター不使用の作り方
お家で手作り♡「発酵豆腐パン」レシピ│ヨーグルト×イーストのダブル発酵!
低糖質で低カロリー、卵・バター不使用の作り方

【目次】お家で手作り♡「発酵豆腐パン」レシピ・作り方

●ヨーグルトとイーストの「ダブル発酵」でふんわり・しっとりの「発酵豆腐パン」
●卵やバターは不使用!低糖質で低カロリー、少量で食べ応えがある「発酵豆腐パン」
●お家で手作り♡「発酵豆腐パン」レシピ・作り方
○材料
○作り方│簡単・お手軽ver.
○作り方│低温発酵でじっくりver.
○「簡単・お手軽ver.」と「低温発酵でじっくりver.」の違い
○フォカッチャの成型
○丸パンの成型
○注意点
●お家で「発酵豆腐パン」を手作りしよう!

ヨーグルトとイーストの「ダブル発酵」でふんわり・しっとりの「発酵豆腐パン」

おなじみのダイエット食品である豆腐を使っているので、ダイエット中でも思う存分食べられます。また、豆腐の香りが苦手な方でも美味しくいただけるよう、発酵食品のヨーグルトを加えて、パン作りに欠かせないイーストとの「ダブル発酵」を実現! うまみのあるふんわり・しっとりしたパンが出来上がりました。

卵やバターは不使用!低糖質で低カロリー、少量で食べ応えがある「発酵豆腐パン」

水分はお豆腐の水分のみを使用。また、ヨーグルトの風味を活かすため、卵やバターは不使用。低カロリーでヘルシーにも関わらず、リピートしたくなる美味しさと柔らかさ♡
また、お豆腐の原料となる「大豆」は栄養価が高く貴重なタンパク源であるため、小麦粉の代わりに加えることで低糖質となり、栄養価が上がるだけでなく、しっかりと食べ応えのあるパンになります。少量でお腹がが満たされるうえ、冷めてもおいしくいただけるので、おやつはもちろん、朝ごはんやランチにもピッタリです!

お家で手作り♡「発酵豆腐パン」レシピ・作り方

お家で手作り♡「発酵豆腐パン」レシピ・作り方
お家で手作り♡「発酵豆腐パン」レシピ・作り方

今回は、子供と一緒に作れる「簡単・お手軽ver.」と、パン種を低温保存できる「低温発酵でじっくりver.」の2パターンの作り方もお伝えします。フォカッチャにも丸パンにも成型できますよ!

材料

材料
材料

・強力粉 200g
・絹豆腐 150g
・プレーンヨーグルト 30g
・キビ糖 30g
・塩 4g
・イースト 3g
・35℃ぬるま湯 20㏄
・オリーブオイル 大さじ1

作り方│簡単・お手軽ver.

1. 絹豆腐とプレーンヨーグルトは水切りせず、ビニール袋に入れてよく混ぜ合わせます。
2. イーストは、35℃のぬるま湯に振り入れて、4分予備発酵します。
3. ボウルに強力粉・キビ糖・塩を入れ混ぜ合わせ、予備発酵したイーストを加えてヘラでよく混ぜます。

作り方│簡単・お手軽ver.
作り方│簡単・お手軽ver.

4. 3がひとまとまりになったら、オリーブオイルを加え、オイルを生地によく馴染ませ、ひとまとまりにします。

作り方│簡単・お手軽ver.
作り方│簡単・お手軽ver.

5. 4をジッパー付き袋に入れ、袋の上から手で平らに伸ばし、二つに折り畳みます。この作業を10回繰り返します。

作り方│簡単・お手軽ver.
作り方│簡単・お手軽ver.

6. 5をひとまとめにして、少し空気を入れて袋のジップを閉じ、45℃のぬるま湯を入れたボウルの上に浮かせて40分発酵させます。
7. 1.5~2倍に膨らんで気泡ができ、袋を開けていい香りがしたら袋からそっと出し、クッキングシートの上に置きます。

作り方│簡単・お手軽ver.
作り方│簡単・お手軽ver.

8. 7のふくらみを潰さないようにお好きな形に成型して、180℃のオーブンで15~18分焼きます。

作り方│低温発酵でじっくりver.

1~5までと8は「簡単・お手軽ver.」と一緒です。
↓ここが違います↓
6. 5に少し空気を入れて袋のジップを閉じ、冷蔵庫で8時間発酵させます。
7. 8時間後、1.5~2倍に膨らんでいたら袋からそっと出し、クッキングシートの上に30分~1時間程度置いて室温に戻します。
↑ここが違います↑

作り方│低温発酵でじっくりver.
作り方│低温発酵でじっくりver.

「簡単・お手軽ver.」と「低温発酵でじっくりver.」の違い

「簡単・お手軽ver.」は、発酵の時間が短くて済むので、すぐに発酵豆腐パンが出来上がります。「低温発酵でじっくりver.」は発酵の時間はかかりますが、冷蔵庫で8時間~2日程度発酵させて保存することができるため、多めに作ってストックし、食べたいときに焼けるのが便利です。
どちらも作り方でもとっても美味しく出来上がるので、お好みやシチュエーションで作り分けてみてくださいね。

フォカッチャの成型

パン生地を潰さないように平たく広げ、水で濡らした指でまんべんなく穴をつけ、お好みでドライハーブなどをトッピングします。

丸パンの成型

強力粉を薄くまぶして、パンのふくらみを潰さないように軽く丸めます。

パンの成型
パンの成型

注意点

豆腐が入った生地はとても柔らかく、素手で捏ねるとべたつきますので、ポリ袋を使うと手を汚さず作りやすいです。

お家で「発酵豆腐パン」を手作りしよう!

お家で「発酵豆腐パン」を手作りしよう!
お家で「発酵豆腐パン」を手作りしよう!

ヨーグルト×イーストのダブル発酵でさらに美味しくなる「発酵豆腐パン」レシピをご紹介しました。お家にいる時間がたくさんある今だからこそ、低糖質で低カロリー、卵・バター不使用の「発酵豆腐パン」を手作りしてみませんか?

香坂つぐみ

香坂つぐみ

発酵料理研究家、発酵教室『糀キッチン』主宰。みそソムリエ、パンシェルジュマイスター、製菓衛生師、家庭科教諭免許保有。手作り発酵食品の仕込みや発酵食品を使った発酵家庭料理をご提案させていただいています。発酵手作りご飯生活応援中。ホームページ:発酵教室『糀キッチン』、ブログ:香坂つぐみの素敵な発酵生活2

関連タグ

この協力者の他の記事を見る

このライターの詳細へ

最新記事

もっと見る

SERIES 連載

More

CATEGORIES カテゴリー