甘酒

2019年08月07日

MATCHA×発酵のノンシュガースイーツ「抹茶と甘酒のババロア」レシピ

日本の「MATCHA(抹茶)」が海外で大ブームですね! 健康志向の高いニューヨーカーやL.A.の方たちなどに、日本の「抹茶」が大いに受け入れられているのはご存知の通り。
今回は、そんな抹茶と発酵食品である甘酒を使った、ノンシュガースイーツ「抹茶と甘酒のババロア」レシピをご紹介します。

MATCHA×発酵のノンシュガースイーツ「抹茶と甘酒のババロア」レシピ
MATCHA×発酵のノンシュガースイーツ「抹茶と甘酒のババロア」レシピ


海外では、コーヒーの代わりに抹茶を楽しむ

アメリカでは、コーヒーの代わりにカフェやオフィスで抹茶が飲まれており、抹茶ラテのラテアートなども人気。ニューヨークやL.Aの「MATCHA BAR」などには、連日大勢の人がつめかけているそう。

自由な飲み方ができるパウダー状の抹茶

自由な飲み方ができるパウダー状の抹茶
自由な飲み方ができるパウダー状の抹茶

海外では、パウダー状の抹茶を使って自由な飲み方を楽しんでいるそうで、ミルクを入れた抹茶ラテを始め、はちみつやミント、ジンジャーやターメリックなどのフレーバーを加えるのが一般的なのだそう。ラテのミルクには、牛乳ではなく豆乳を使うなど、自然派らしいこだわりを見せているのも興味深いです。

抹茶ができるまで

「覆下園(おいしたえん・おおいしたえん)」という方法で育てられる抹茶
「覆下園(おいしたえん・おおいしたえん)」という方法で育てられる抹茶

抹茶は、緑茶と同じお茶の木から製造されていますが、栽培方法が違います。
通常のお茶の葉(煎茶)は、野外に広がる茶畑で太陽の光をいっぱいに浴びる「露天園」という方法で育てられます。抹茶も同様に太陽光の元で栽培されますが、4月上旬から5月あたりの一定期間は、黒い覆いをかけて日光を遮断する「覆下園(おいしたえん・おおいしたえん)」という方法で育てられます。
お茶の葉は、太陽を求めて上へ上へと伸びようとしますね。しかし、日光を遮断することで、上へ伸びるエネルギーが枝に注がれ、枝が長く太くなります。その代わりに、葉は薄く柔らかく育ちます。すると、うまみ成分のテアニンが豊富で、渋みを出すタンニンが少ない葉ができるのだそう。このように手間暇をかけて、抹茶に適した葉が作られているのですね。

抹茶の健康作用

抹茶の健康作用
抹茶の健康作用

海外での抹茶は、今や「MATCHA」という日本語でも通じるほどポピュラーとなり、その健康効果に注目が集まっています。
抹茶には、脂肪燃焼やアンチエイジングに作用するとされるカテキンや、美肌をサポートするサポニン、リラックスをもたらすテアニンといった成分が含まれています。特に、テアニンのリラックス作用は、コーヒーよりも有効とされ、より仕事に集中できるとして、ビジネスマンを中心に抹茶が好まれているそうです。

今回は、そんな抹茶と甘酒、豆乳を使った、ヘルシーでシュガーレス、かつ、簡単なノンシュガースイーツ「抹茶と甘酒のババロア」レシピをご紹介します。

MATCHA×発酵のノンシュガースイーツ「抹茶と甘酒のババロア」レシピ

MATCHA×発酵のノンシュガースイーツ「抹茶と甘酒のババロア」レシピ
MATCHA×発酵のノンシュガースイーツ「抹茶と甘酒のババロア」レシピ

抹茶パウダーと豆乳と甘酒を使い、お砂糖や生クリームを使わずヘルシーに作ってみました。

材料

材料
材料

・甘酒 200cc(麹で作った甘酒)
・豆乳 200cc
・抹茶パウダー 大さじ1
・ゼラチン 5g
・水 50g

作り方

1. ゼラチンは、水の上にさらさらと振り入れ、3~5分膨潤させて、600wの電子レンジで15秒加熱して溶かします。(または湯煎して溶かします)
2. 抹茶パウダーと豆乳をザっと混ぜておきます。
3. ミキサーに甘酒を入れて、ペースト状にします。

作り方
作り方

4. 3の中に2の抹茶を混ぜた豆乳を加え、ミキサーでよく混ぜます。
5. 4のミキサーの中に1のゼラチンを加え、再度混ぜ合わせます。
6. 器に盛り、冷蔵庫で1時間ほど冷やし固めます。黒蜜などを加えてお召し上がりください。

作り方
作り方


香坂つぐみ

香坂つぐみ

発酵料理研究家、発酵教室『糀キッチン』主宰。みそソムリエ、パンシェルジュマイスター、製菓衛生師、家庭科教諭免許保有。手作り発酵食品の仕込みや発酵食品を使った発酵家庭料理をご提案させていただいています。発酵手作りご飯生活応援中。ホームページ:発酵教室『糀キッチン』、ブログ:香坂つぐみの素敵な発酵生活2

関連タグ

この協力者の他の記事を見る

このライターの詳細へ

最新記事

もっと見る

SERIES 連載

More

CATEGORIES カテゴリー