チョコレート

2019年02月12日

メキシコ料理で発酵バレンタイン♡『ポジョ・デ・モーレ(鶏肉のチョコレート煮込み)』レシピ

今年のバレンタインデーは、大切な人にチョコレートを贈るのではなく、チョコレート料理でおもてなししてみるのはいかがでしょうか? スイーツとしていただくチョコレートとは一味違った、大人のバレンタインデーを楽しんでみませんか? 今回は、発酵食品であるチョコレートのソースと鶏肉を使ったメキシコ料理『ポジョ・デ・モーレ(鶏肉のチョコレート煮込み)』レシピをご紹介します。

メキシコ料理で発酵バレンタイン♡『ポジョ・デ・モーレ(鶏肉のチョコレート煮込み)』レシピ
メキシコ料理で発酵バレンタイン♡『ポジョ・デ・モーレ(鶏肉のチョコレート煮込み)』レシピ


カカオ豆の原産国、チョコレート発祥の国「メキシコ」

カカオ豆の原産国、チョコレート発祥の国「メキシコ」
カカオ豆の原産国、チョコレート発祥の国「メキシコ」

中南米の熱帯地域(現在のメキシコ、グアテマラ周辺)が原産地

カカオ豆の原産地は中南米の熱帯地域、現在のメキシコ、グアテマラ周辺です。栽培が難しいカカオ豆は、王様や貴族しか食べられない貴重なもので、貨幣としても流通していたそうです。カカオの学名は「テオブロマ カカオ」、ギリシャ語で“神の食べ物”という意味があるのもうなづけますね。

メキシコ周辺からチョコレートが誕生した

カカオ豆は当初、豆ではなく果肉が食べられていたそうです。しかし、長い歴史の中で「この豆を焼くとよい香りがする」ことを発見し、チョコレートの誕生につながっていきました。

メキシコのチョコレートソース「モーレ」

メキシコのチョコレートソース「モーレ」
メキシコのチョコレートソース「モーレ」

ハレの日や祝祭日には「モーレ」が欠かせない

メキシコでは、結婚式やお祭りなどの特別な日に、「モーレ」と言われるチョコレートソースを使った料理を食べるのだそうです。モーレには、チョコレートの他にも、香草野菜やスパイスがふんだんに使われており、地域によって味の傾向が変わってくるのだそう。
歴史を見てみてみると、メキシコではカカオ豆が非常に大切なものであったことからも、ハレの日や祝祭日にモーレをいただく風習は納得ですね。

メキシコ料理『ポジョ・デ・モーレ』は「鶏肉のチョコレート煮込み」のこと

ポジョは「鶏」、モーレは「ソース」。メキシコ料理の『ポジョ・デ・モーレ』とは、「鶏肉のチョコレート煮込み」のことですね。こちらのレシピは、材料を入れて煮込むだけなので、とっても簡単。今年のバレンタインディナーにぜひ召し上がってみてくださいね!

メキシコ料理で発酵バレンタイン♡『ポジョ・デ・モーレ(鶏肉のチョコレート煮込み)』レシピ

メキシコ料理で発酵バレンタイン♡『ポジョ・デ・モーレ(鶏肉のチョコレート煮込み)』レシピ
メキシコ料理で発酵バレンタイン♡『ポジョ・デ・モーレ(鶏肉のチョコレート煮込み)』レシピ

発酵ポイント

今回は、チョコレートだけではなく、醤油麹、赤ワイン、醤油、バルサミコ酢など、様々な発酵調味料を加えて、モーレ(チョコレートソース)を作りました。チョコレートはカカオ70%のものを使用しています。お好みで調整してみてくださいね。

材料

『ポジョ・デ・モーレ(鶏肉のチョコレート煮込み)』レシピ材料
『ポジョ・デ・モーレ(鶏肉のチョコレート煮込み)』レシピ材料

・鶏モモ肉 400g
・醤油麹 大さじ2
・コショウ 少々
・タマネギ 1/2個
・ニンニク 1片
・オリーブオイル 小さじ2
・カットトマト 400g
・水 100cc
・赤ワイン 100cc
・レーズン 大さじ2
・コンソメ 1個
・オールスパイス 小さじ2
・コリアンダー 小さじ1
・シナモンパウダー 小さじ1/2
・赤唐辛子 1本
・醤油 小さじ2
・カカオ70%チョコ 30g
・バルサミコ酢 大さじ1

作り方

1. 鶏モモ肉は、4等分にし、醤油麹とコショウをまぶし、30分ほど漬けておきます。
2. タマネギは薄切りにし、ニンニクはみじん切りにし、赤唐辛子は種を取っておきます。
3. 鍋にオリーブオイルを入れて温め、強火で鶏肉の両面をさっと焼き、ニンニク・タマネギ・赤唐辛子を加えて炒めます。

『ポジョ・デ・モーレ(鶏肉のチョコレート煮込み)』レシピ作り方
『ポジョ・デ・モーレ(鶏肉のチョコレート煮込み)』レシピ作り方

4. 3にスパイス・カットトマト・水・赤ワイン・レーズン・チョコレート・コンソメなどすべての材料を加えて、20分程中火であくを取りながら煮込みます。

『ポジョ・デ・モーレ(鶏肉のチョコレート煮込み)』レシピ作り方
『ポジョ・デ・モーレ(鶏肉のチョコレート煮込み)』レシピ作り方

発酵料理研究家・香坂つぐみ先生の講座開催!

発酵料理研究家・香坂つぐみ先生の講座開催!
発酵料理研究家・香坂つぐみ先生の講座開催!

いつも素敵な発酵レシピを教えて頂いている、発酵料理研究家で発酵教室『糀キッチン』主宰の香坂つぐみ先生による講座が、「JEUGIAカルチャーセンターららぽーと立川立飛」で開催されます!発酵食品の基本はもちろん、ぬか床や豆板醤、生甘酒の手作りレシピが習得できる、とってもお得でためになる講座、ぜひ受講してみてくださいね!

講座名

はじめてでも簡単!季節の発酵食教室(全3回)

会場

JEUGIAカルチャーセンターららぽーと立川立飛
〒190-0015 東京都立川市泉町935番地の1 ららぽーと立川立飛1F(google map

開催日

4月13日(土)、5月11日(土)、6月8日(土)の全3回

開催曜日・時間

4・5・6月の第2土曜日、13:30 ~15:30

内容

4/13(土)無農薬米糠で作る糠床
5/11(土)そら豆で作る豆板醤
6/8(土)夏バテ予防に飲もう!手作り生甘酒

受講料

7,500円(全3回 税別)

その他費用

材料費 月額1,620円(税込)

お申込み・詳細

お申込み・詳細はこちら≫


香坂つぐみ

香坂つぐみ

発酵料理研究家、発酵教室『糀キッチン』主宰。みそソムリエ、パンシェルジュマイスター、製菓衛生師、家庭科教諭免許保有。手作り発酵食品の仕込みや発酵食品を使った発酵家庭料理をご提案させていただいています。発酵手作りご飯生活応援中。ホームページ:発酵教室『糀キッチン』、ブログ:香坂つぐみの素敵な発酵生活2

関連タグ

この協力者の他の記事を見る

このライターの詳細へ

最新記事

もっと見る

SERIES 連載

More

CATEGORIES カテゴリー